整形外科提携の交通事故治療

要注意!身体に違和感がある方へ

こんな症状・お悩みはありませんか?

  • むち打ち症など交通事故のケガに悩んでいる。
  • 交通事故から数日後、吐き気やめまいの症状がある。
  • レントゲン検査で異常なしと診断されたが、痛みがある。
  • 痛みを我慢していたら、症状が悪化してきた。
  • 診療時間が合わず、病院(整形外科)への通院が難しい。

突然、強い衝撃が身体に加わる交通事故は、あなたの身体にとても大きなダメージを与えます。もし、症状が出た場合や、身体に違和感がある場合は、後遺症が残らないようにできる限り早めに治療することが大切です。

ご相談の多い症状

交通事故治療|白河市だいじゅ鍼灸整骨院交通事故によるケガとして、最も多いものがむち打ち症です。
むち打ち症には、主に

  • 頸椎捻挫型
  • 根症状型
  • バレ・リュー症状型
  • 脊髄症状型

以上の4種類があります。いずれも交通事故のダメージを受けた頸椎をはじめ、さまざまな身体の部位に不調が生じます。首や肩まわりの痛み、めまい、吐き気、頭痛、さらには手足のしびれなどの症状が現れ、これらの症状を放置していると普段の生活が難しくなるほどのレベルに悪化することもありますので、なるべく早めの対応が大切です。

治療期間は症状によりますが、早くて3カ月、平均で半年程度といわれています。症状が重度になると1年~数年かかる場合もあります。

特に症状が出ていない方も要注意

交通事故に遭ってしまったものの、特に痛みやケガがない場合は「きっと問題ないだろう」と安心してしまう方が多いのではないでしょうか。交通事故が身体に与えるダメージは想像以上に大きいものですが、事故直後は興奮状態にあるために痛みや不快症状に気づけないことも多いです。その結果として、事故のショックから解放された数日後にはじめて痛みやしびれなどの不調を自覚するようになります。

交通事故による症状むち打ち症の場合は、事故直後から2日~1週間ほど経ってからようやく症状が出始めることが多いので、事故直後に問題がなくとも油断は禁物です。むち打ち症は目に見えるものではありません。自己判断することは大変危険なので、身体に異常を感じない場合でも事故に遭ったらすぐにご相談ください。事故直後には症状がなくとも、しっかりと検査を受けて治療を開始しましょう。

 

だいじゅ鍼灸整骨院の交通事故治療

交通事故治療整形外科で処方された湿布だけで対処される方も少なくないですが、中でも注意が必要なのは、マッサージ店などを利用されていらっしゃる方です。マッサージ店の目的はケガの治療ではなく慰安です。マッサージで誤った知識で余計な刺激を与えすぎたことで良くなるどころか、症状が悪化するケースがあります。くれぐれもご注意下さい。また慰安を目的としたマッサージ店は無資格の方がほとんどなのでその分、施術後のリスクは高くなります。

柔道整復師だいじゅ鍼灸整骨院では、国家資格を持った院長が治療を行います。専門的な知識・技術のもと、安心安全の治療ができますので、交通事故によるケガでお悩みの方は当院までご相談ください。

身体の各部分を支え、痛みなどを引き起こす原因にもなる筋肉に着目し、ケガの根本からしっかりと治していきます。手技・鍼灸・治療機器を使いながら患者様の体質に合わせた治療法を選択して早期回復を目指しますので、もし苦手な治療法がありましたら遠慮なくお申し出下さい。

レントゲン検査については当院で対応でき兼ねますので、信頼性のある整形外科(病院)をご紹介させて頂きます。まずは、だいじゅ鍼灸整骨院までご連絡頂いて構いません。

早期回復の為に大切なポイント

的確な患部の安静

事故に遭った当日~2週間は、患部が腫れたり熱感があることも多く、そのような状態で治療を行うと、負荷が加わることで痛みが増してしまうケースも考えられます。炎症を抑える処置を行いながら安静を保つことも治療のひとつです。

治療の早期開始

治療を始めるのが遅くなればなるほど、患部の周りの筋肉が固まって治癒しにくい状態を作ってしまいます。身体の状態をチェックしながら、早期治療をスタートさせることで、効果的に痛みを取り除くことが可能です。

適度な頻度での通院

痛みが生じている間はなるべくインターバルを空けずに治療を受けることで、早期回復につながります。ツライ痛みに見舞われた際に十分な治療が受けられないという事態を防ぐため、当院では患者様の状態に合わせた通院環境を提供させていただいております。

施術費用について

白河市「だいじゅ鍼灸整骨院」は、国家資格保持者が施術を行うため、交通事故の治療は自賠責保険が適用できます。よって、患者様の自己負担0円です。安心して治療に専念してください。自賠責保険に関する疑問点などがありましたら、お気軽にご相談ください。

交通事故後の流れ

治療を受ける際の準備

Step1交通事故の届出

交通事故が起きたら、加害者、被害者の双方から警察に届け出を行います。特に、ケガを負ってしまった場合には人身事故として取り扱われますので、必ず届け出を行ってください。また、仮渡金等で必要となってきますので、自動車安全運転センターで交通事故証明書を交付してもらいましょう。

Step2情報収集と記録

事故を起こした際は、相手方の以下の情報を収集するようにしましょう。

  • 相手方の名前、住所と連絡先、車のナンバー
  • 自賠責保険(共済)、自動車保険の会社名、証明書番号
  • 勤務先や雇主の住所、氏名、連絡先(勤務時間内であれば、運転手本人のみならず雇い主も賠償責任を問われる場合があります)

また、交通事故の目撃者がいたら、協力を願い出て事故の状況を証言してもらいましょう。証言の他、名前や連絡先も聞いておくことを忘れないでください。証人がいると、相手方と意見が食い違った際などに協力してもらうことができ、トラブルを防ぎやすくなります。
当人や証人の記憶は、時間が経つにつれてぼんやりと曖昧になってしまうものなので、事故の直後に現場をデジタルカメラや携帯電話で撮影したり、現場の見取り図や事故の状況を書き留めておくことをおすすめします。ケガなどで自分ではできない場合、周囲の人にお願いしましょう。その際のデータは、賠償交渉終了時まで保存しておきましょう。

Step3医師の診断

自賠責保険が使える、交通事故のケガとして治療を受けられるようにするためには、医師の診断が必要になります。事故が発生してから時間が経過すると、ケガと事故との因果関係が認められず、交通事故のケガとしての治療が受けられなくなる場合もあります。保険金の支払いにも関わってきますので、事故から遅くとも1週間以内には医師の診断を受け、レントゲンやCTなどの精密な検査を受けましょう。

Step4保険会社との連絡

保険会社に、当院での治療を希望すると伝えて下さい。すると、保険会社から当院に交通事故の治療依頼の連絡が入ります。保険会社との連絡が完了すると、治療が可能となります。

交通事故治療の開始

Step1ご来院・問診票の記入

ご来院・問診票の記入まずは当院まで、電話にて交通事故の治療を希望する旨をお伝えください。交通事故によるケガの処置は可能な限り早くはじめるべきなので、事故に遭ったらできるだけ早めにご連絡ください。なお、ご予約やご来院にあたっては、お取扱いの保険会社名とご連絡先(ご担当者名)、診断名(病院受診の方のみ)をご確認ください。

交通事故治療の際は、問診票にて以下の項目の記入をお願いしております。事前にご確認ください。

  • 事故が発生した日時や状況
  • 医師の診断内容
  • ケガの症状
  • お取扱い保険会社の確認

Step2保険会社への手続き

保険会社への手続きは、当院にて行いますのでご安心ください。患者様には、まず症状改善を第一に過ごしていただきます。

Step4検査・治療計画のご提案

触診や動作チェックによって症状の確認を行い、患者様の症状・体質に合わせてオリジナルの治療計画(筋肉調整、超音波治療、冷温法、電気療法、テーピング、骨格調整など)をご提案させて頂きます。

Step5治療の開始

治療の開始治療計画に基づいて、治療を行っていきます。日常生活での過ごし方のアドバイスや、リハビリなどのアフターケアも行い、本来の生活にできる限り早く戻っていただけるよう、全力でサポートいたします。

日常生活における不都合や重大な後遺症がなければ、治療は完了です。身体の違和感や痛みがとれないという方は遠慮なくご相談ください。

Step6治療費の計算

保険会社に治療が完了した旨を報告し、費用の計算を依頼します。患者様が費用明細を含めた示談内容書を確認して、納得できればサインをしていただき、交通事故処理と治療は完了です。

整形外科との併用・転院について

整形外科との併用・転院交通事故でむち打ち症になった場合は、まず整形外科などの病院に行かれるという方が多いでしょう。その際、病院ではレントゲン、CT、MRIなどの画像検査を用いてむち打ち症や痛みの原因を究明しようとしますが、むち打ち症は筋肉や腱の損傷であり、画像検査に映ることはありません。整形外科は診断・検査のプロフェッショナルであり、当院でも医療機関との連携を大切にしています。しかし、むち打ち症のようにレントゲン検査に映らないものに関しては、整形外科では症状の原因が見つからない可能性が出てくることもあり、根本的な改善に限界が出るケースも珍しくありません。また、整形外科は鎮痛薬や消炎薬など、症状の対症療法が主な対応となります。もちろん症状によっては対症療法が望ましい場合もありますが、身体に負担がかかると共に、根本的な改善に至らないことが多いです。よって当院では、整形外科との併用、また整形外科や他の治療院からの転院を承っております。

交通事故治療当院には「病院でレントゲン検査をして異常は見られなかったが、痛みが続いている」という患者様がたくさんご来院されます。こうした症状に対しては、手技・鍼灸・治療器による施術によって、整形外科では限界のあるアプローチ方法で、症状の早期回復を目指します。どちらが正しいかという訳ではなく、大切なのは使い分けです。検査は整形外科で、治療は当院のような鍼灸整骨院で、上手に併用しながら症状改善を図るのが望ましいです。

損害保険会社の担当者様へ

白河市だいじゅ鍼灸整骨院

当院では、安心した施術によって患者様の早期回復を目指しております。それに伴い、患者様や保険会社様、医師との連携も行ってまいります。

だいじゅ鍼灸整骨院 交通事故施術の方針

1.法令を尊守します

関係法規に関わる法令と自賠責保険取り扱いについての倫理を、国家資格を取得した柔道整復師として尊守します。

2.保険会社様の算定基準にて請求をさせていただきます

施術請求は、保険会社様の算定を基準にして計算、作成いたします。自由診療などによって高額の請求を行うことはいたしません。

3.医師の診断を基に施術部位を打ち合わせいたします

施術部位の診察は、原則的に医師の診断に基づいて行います。診断部位以外で患者様から症状の訴えがある際も、必ず保険会社様から事前に了解を得た上で部位数の決定を行います。

4.病院での経過報告を促進いたします

病院への経過報告の必要性を患者様に伝え、月1~2回程度の診察を促します。

5.保険会社様の指示に従って施術証明書を提出いたします

施術を開始する際の打ち合わせ時点で、保険会社様が希望される施術証明書の提出(毎月・一括)を実行します。

6.早期回復を目標に患者様・保険会社様双方の利益を確保いたします

豊富な経験に基づき、早期回復を目標とした施術を行ってまいります。患者様には必要な情報を伝え、適応範囲や時期などをご理解いただいた上で、患者様・保険会社様双方の利益を目指します。

7.転院を希望される患者様を受け入れます

以下のような理由で当院へ転院を希望される方にも、懇切丁寧に対応いたします。

  • 平日の通院が難しい方
  • 他院へ通院しているが治療効果が得られず、長期に渡って時間を要している方
  • 患者様から相談を受けており、当院が該当地域である方
  • 早期回復が必要な患者様

保険会社様と積極的に連携を取りながら、よりよい関係を築きたいと思っております。何卒よろしくお願いいたします。

 

TEL:0248-21-5685MAIL
一番上に戻る
たいじゅ鍼灸整骨院BLOG たいじゅ鍼灸整骨院Facebook